開票速報・開票結果・情勢速報ナビ

開票速報・開票結果・情勢速報ナビ

稲城市長選挙 開票結果速報2019|情勢予想と出口調査・立候補者の公約まとめ

【スポンサーリンク】

本記事では2019年の統一地方選挙から4月21日執行の東京都稲城市長選挙の開票速報及び開票結果をまとめています。 

開票結果はNHKなどの当確出口調査など発表され次第随時更新致します。

 

今回の稲城市長選挙の立候補者はともに無所属で共産党地区常任委員の早川寛氏(39)=共産、自由推薦=と、現職の高橋勝浩氏(56)=自民、公明推薦=の2名です。

 

稲城市長選挙2019に関わる日程(告示日や投票日)、期日前投票、立候補者の公約(マニフェスト)や経歴、情勢予想、当選者落選者の得票数・投票率などもまとめていきます参考になさってください。

 

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

稲城市長選挙2019|開票結果速報・NHK当確出口調査最新情報

稲城市長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第以下の図を更新致します。

※NHKなどの最新の当確出口調査情報などが入り次第随時更新

 

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
    早川 寛 39 無所属 政党役員
はやかわ かん
    高橋 勝浩 56 無所属 市長
たかはし かつひろ

 

稲城市長選挙2019|立候補者の公約や政策主張    

以下に稲城市長選挙2019に立候補した候補者の経歴やプロフィール、公約についてご紹介致します。

 

高橋 勝浩(たかはし かつひろ)の経歴やプロフィール

  • 名前:高橋 勝浩(たかはし かつひろ)
  • 現年齢:56歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・現職(自民・公明 推薦)
  • 肩書き:現市長
  • 学歴:早稲田大学政治経済学部政治学科 卒業
  • 職歴:昭和60年4月から稲城市役所入所、市立病院医事課長、財政課長、会計管理者、生活環境部長などを歴任、平成23年4月より稲城市長を2期8年務める。3選を目指す。

  

主な公約・政策主張 

公約が見あたらないため、稲城市の平成31年度施政方針をご紹介します。(抜粋)

  1. だれもが健康で安心してともに暮らせるまちづくり
    • 新生児の聴覚障害の早期発見・早期療育を図るため、全ての新生児が出生後早期に聴覚検査を受けられるよう、検査費用の助成の新設…
  2. 人と文化を育むふれあいのあるまちづくり
    • 幼児教育の支援は、10月以降は幼児教育無償化に伴い私立幼稚園就園奨励費補助金の後継となる補助金において、月額25,700円までを支給します。
    • 私立幼稚園等園児保護者負担軽減補助金は、東京都の補助金額に市独自で上乗せしている補助金額月額3,600円の支給は9月までとし、幼稚園入園に要する費用の補助(年額10,000円)を新設。平成31年度は、半年分のため年額5,000円とします。…
  3. だれもが心豊かに暮らせる平和で安全なまちづくり
    • 身近な地域コミュニティである自治会への支援として、自治会が設置する防犯カメラの設置費用の補助を行います
    • 防災対策としては、地震災害、豪雨災害及び土砂災害への備えとして、いなぎ防災マップを更新します
    • 聴覚・言語機能障害者が携帯端末等を操作することで、119番通報ができるNet119緊急通報システムを整備します…
  4. 環境にやさしく活力あふれるまちづくり
    • 環境負荷低減の推進として、市内の街路灯をすべてLED照明に交換
    • 消費税率の引き上げによる影響を緩和と、地域における消費を喚起のため、低所得者及び0歳から2歳までの子どもがいる世帯の世帯主を対象に、プレミアム付商品券の販売…
  5. 水と緑につつまれたやすらぎのあるまちづくり
    • 土地区画整理事業の推進としては、引き続き特定財源の確保を図り、円滑な事業推進に努めます
    • 榎戸地区の道路や公園の位置の見直しは、事業計画変更作業を行うとともに、宿榎戸線の電線共同溝詳細設計を進め、建物移転及び整地工事を行います…
  6. 市民とともに歩むまちづくり
    • 法定外公共物等の市有地につきましては、計画的に整理します
      庁舎空調設備につきましては、設置から37年が経過し老朽化が著しいことから、改修工事を進めます…

 

早川 寛(はやかわ かん)の経歴やプロフィール

  • 名前:早川 寛(はやかわ かん)
  • 現年齢:39歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新人(共産・自由 推薦)
  • 肩書き:共産党職員
  • 学歴:日大大学院法務研究科修了
  • 職歴:2018年より共産党職員

 

主な公約・政策主張

  • LGBTなど性的少数者のカップルをパートナーとして認める制度の創設
  • 丘陵地の大規模開発を規制し、環境優先のまちづくりを進める
  • 35人学級の完全実施、認可保育園待機児ゼロの実現
  • 国保税値上げを撤回
  • 大型開発の見直し

  

稲城市長選挙2019の情勢予想・当確予想 

前回の市長選挙は、今回と同じく現職の高橋氏対共産推薦の立候補者という構図でした。結果は21,806票の高橋氏に対し共産党の対立候補は11,549票。

 

今回の共産推薦の早川氏は39歳。政策や実行力は未知の領域です。その上、現職の高橋氏の不安要素が特に見当たりません。圧倒的に高橋氏が有力でしょう。

 

お二方の活動が地域密着型で、SNSやホームページでの情報が限定的なことからも、高橋氏の3選が確実なのでしょう。(高橋氏の公式ウェブサイトには、前回のマニュフェストはありますが、今回のマニュフェストの掲載がありません)

 

願わくば、早川氏に現市政の問題点を洗い出し、稲城市がより良くなるような活動をしていただきたい。それが自身の支持拡大だけでなく稲城市民のためにもなる、そんな気がしてなりません。

 

 

 

 

稲城市長選挙2015の開票結果や投票率

前回(2015年)の稲城市長選挙の開票結果や投票率は下記の通りです。

 

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧
21806 高橋 勝浩 52 無所属
たかはし かつひろ
  11549 田島 菊子 60 無所属
たじま きくこ
  • 告示日:2015年4月19日
  • 投票日:2015年4月26日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:66,949人
  • 投票率:51.32%

【スポンサーリンク】