開票速報・開票結果・情勢速報ナビ

開票速報・開票結果・情勢速報ナビ

尾道市長選挙 開票結果速報2019|情勢予想と出口調査・立候補者の公約まとめ

【スポンサーリンク】

本記事では2019年の統一地方選挙から4月21日執行の広島県尾道市長選挙の開票速報及び開票結果をまとめています。 

開票結果はNHKなどの当確出口調査など発表され次第随時更新致します。

 

今回の尾道市長選挙の立候補者はいずれも無所属でゲストハウス経営で新人の村上博郁氏、元県職員で新人の後藤昇氏、自民党、公明党の推薦を受け4期目を目指す現職の平谷祐宏氏、元尾道市議会議員で新人の大崎延次氏の4名です。

 

尾道市長選挙2019に関わる日程(告示日や投票日)、期日前投票、立候補者の公約(マニフェスト)や経歴、情勢予想、当選者落選者の得票数・投票率などもまとめていきます参考になさってください。

 

 

 【スポンサーリンク】

 

 

 

尾道市長選挙2019|開票結果速報・NHK当確出口調査最新情報

尾道市長選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第以下の図を更新致します。

※NHKなどの最新の当確出口調査情報などが入り次第随時更新

 

結果 得票数 氏名 年齢 党派 新旧 主な肩書き
40735 平谷 祐宏 66 無所属 尾道市長
ひらたに ゆうこう
  11840 後藤 昇 65 無所属 団体職員
ごとう のぼる
  8621 村上 博郁 44 無所属 宿泊業
むらかみ ひろふみ
  3200 大崎 延次 60 無所属 不動産仲介業
おおさき のぶじ
  • 告示日:2019年4月14日
  • 投票日:2019年4月21日
  • 定数 / 候補者数:1 / 4
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:114,343人
  • 投票率:57.7% 

 

尾道市長選挙2019|立候補者の公約や政策主張    

以下に尾道市長選挙2019に立候補した候補者の経歴やプロフィール、公約についてご紹介致します。

 

大崎 延次(おおさき のぶじ)の経歴やプロフィール

  • 名前:大崎 延次(おおさき のぶじ)
  • 現年齢:60歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新人
  • 肩書き:市議 不動産仲介業
  • 学歴:立教大中退
  • 職歴:大崎不動産 代表者。尾道市議会議員、文教委員会副委員長を務める。尾道市青少年補導員。

 

「国や県の予算がついていないから」ということを理由に、市民の皆様の要望を実現できていない場面が多くありました。市独自の限られた財源でできることは限界がありますが、 工夫を凝らし積極的に取り組んで行こうとする姿勢が求められます。行政側のそういった姿勢から、市民との信頼関係が醸成され、本当の「協働のまちづくり」が始まるのではないでしょうか。

皆様のご意見を御遠慮なくお聞かせいただき、市政に生かしていきたいと思っております。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

  

主な公約・政策主張 

  • 人づくり
    • マナーの良い人が多く暮らす町
    • 「お互い様」と言える大人の町
    • どんな差別もなく人が輝く町
  • 町づくり
    • やさしく厳しい教育の町
    • スポーツ活動をもっと広げる町
    • 交通死亡事故ゼロの町
  • 仕事づくり
    • 第一次産業を育成する町
    • 新規創業を応援する町
    • 地元の企業にお金が回る町

 

後藤 昇(ごとう のぼる)の経歴やプロフィール

  • 名前:後藤 昇(ごとう のぼる)
  • 現年齢:65歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新人
  • 肩書き:団体職員
  • 学歴:慶應義塾大学法学部 卒業
  • 職歴:尾道市在住で広島県職員として奉職。広島県地域政策局部長などを経て2014年退職。現在は広島大学大学院社会科学研究科マネジメント専攻 客員教授。

 

県職員時代は公立病院経営や教育改革、尾道U2をプロデュース。途上国支援団体NGOひろしま事務局長。市庁舎新築の是非を問う「尾道市民のプラットフォーム」事務局長等を務める。

 

主な公約・政策主張

チェンジ!おのみち新時代へ!!

  • 平成大合併の総決算!!~市民が主役の地域をめざす~
    各支所に権限・財源を移して、特色あるまちづくりと防災拠点の分散を進めます。島しょ部の渋滞を解消し、通行料金を軽減します。
  • 市民病院の復活再生!!~市民のいのちと健康をまもる
    赤字経営を見直し生まれ変わらせます。救急体制や小児医療、通院バスの充実など、市民が安心して生活できる保険・医療・福祉を提供します。
  • 公共施設の総点検~市民に必要な施設をつくる
    民意に沿って、公共施設を総点検します。駅周辺、商店街、斜面スロープカー、1000人規模のホールなどを整備します。

 

平谷 祐宏(ひらたに ゆうこう)の経歴やプロフィール

  • 名前:平谷 祐宏(ひらたに ゆうこう)
  • 現年齢:66歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・現職
  • 肩書き:現市長
  • 学歴:山口大学教育学部 卒業
  • 職歴:尾道市立吉和中学校 教諭を経て、2007(平成19)年に尾道市長に選出、3期務める。

 

市長就任前に、市教育委員会 学校教育課長、呉・賀茂教育事務所 所長、市教育委員会 教育長等を歴任。

 

主な公約・政策主張

情熱を「カタチ」に!
これまでの尾道を越える「4つの挑戦」

  • みんなで助け合う、安全安心な暮らしづくり
    • 7月豪雨災害からの早期復旧と復興に全力
    • 将来に向けて安心して暮らせる「生活基盤」の早期強靭化
    • 「消防力」の更なる充実強化
    • 「人生100才」へ向けた健康寿命延伸の取組(口腔ケアの促進等) 等
  • まちに誇りを持ち、住み続けたいまちづくり
    • 3つの日本遺産をいかしたまちづくり
    • 「港をゲートウェイ」としたまちづくり
    • 新たな交流・防災拠点の整備(市役所本庁舎・支所、千光寺公園展望台等)
    • しまなみ海道料金低減への取組の継続 等
  • 地元産業を応援し、成長するまちづくり
    • 商工会議所等と連携した中小企業支援
    • 地元企業の雇用確保、人材育成の推進
    • 企業立地の推進による雇用創出と経済活性化
    • 官民連携による新たなビジネスモデルの構築 等
  • 子どもの未来を応援するまちづくり
    • 妊娠期から出産・子育てまで切れ目ない子育て支援の充実
    • 子どもの遊び場・居場所づくりの充実
    • 就学前教育から中・高等教育までの教育の充実
    • 認定こども園化の推進と待機児童解消の取組の充実 等

 

村上 博郁(むらかみ ひろふみ)の経歴やプロフィール

  • 名前:村上 博郁(むらかみ ひろふみ)
  • 現年齢:44歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属・新人
  • 肩書き:飲食店経営
  • 学歴:姫路独協大 卒業
  • 職歴:大学卒業後一年間アルバイトをし貯金をしてドイツへ。ドイツ人の温かでオープンな人柄に勇気づけられ帰国、会社員経験後、2005年から飲食店「チャイサロンドラゴン」を、2014年から「ゲストハウスヤドカーリ」を運営。自分にとって死ぬまで譲れない真実「人と共感し合いながら、一緒になにかをつくる」こと、「人に会うことが好き」を貫き通している。

 

僕が目指すのは、主婦が政治に参画できる社会です。政治的基盤がないような僕たち一般市民が市政に関われるような社会を実現する為にも、僕はその前例を作りたいと思っています。

これからの市政はトップダウンではなく、市民が中心となり、行政がそれをサポートするという構造が理想的だと思っています。 市役所では既存のルールに縛られることなく、困った人に対して「出来ない」ではなく 「どうやったら問題が解決するのか」に焦点を置いて、真摯な対応を心がけ お互いの壁を乗り越え、知恵を出し合い、専門家も交えながら根本的解決が出来るようビジョンを「人にやさしい社会」「行きたい街から住みたい街へ」にしました。

 

 主な公約・政策主張

一緒につくろう!未来の尾道

  • 市民がつくるまち 透明性のある市政
    • 市民による市政づくり定期開催
    • 住民投票条例の設置
    • 専門家による経済の診断・分析・対策の実施
  • 人にやさしい社会の実現
    • 多様性を認め、生きる力を育む教育
    • 子育てしやすい環境の整備
    • 異なる世代が一緒に暮らせる環境の整備
    • パートナーシップ制度の導入
    • 女性と若者のチャレンジを支援
    • AIの導入による労働の効率化
  • 豊かな自然と文化を継承
    • 空き家活用対策の実施
    • 藝術と文化の振興と促進
    • 再生可能エネルギーの導入と自給率の向上
    • プラスティック製品の製造と使用の段階的削減
    • 災害に対して迅速に対応できるシステムづくり
    • 井戸水の公的維持管理
  • 島暮らし、山暮らし 日常をもっと楽しく
    • 教育特区の設置
    • 青空マーケットや野外レストランの定期開催
    • 第一次産業の後継者育成
    • 路線のない場所でも利用できる予約制巡回バスの運行
    • 島しょ部住民のための通行料金段階的無償化

 

尾道市長選挙2019の情勢予想・当確予想 

「坂の街」「文学の街」「映画の街」として有名な尾道市。

 

古くは村上水軍、文学では志賀直哉等が居を構え尾道を舞台にした作品を発表しています。

 

映画では小津安二郎監督の「東京物語」、大林宣彦監督の「転校生」「時をかける少女」等『尾道三部作』が有名で、ロケ地観光の先駆け的存在となりました。興味深い文化背景をもつ街です。

 

そのような興味深い街の市長選挙。個性豊かな4人が立候補されました。

 

村上ひろふみ氏は44歳と若く、ドイツで俳優、ブラジルでは雑誌編集に携わるなど多芸多才。座右の銘は「行雲流水」。バイタリティ豊かな人柄は同世代だけでなく、老若男女を引きつける魅力に溢れています。

 

後藤のぼる氏は、マザー・テレサを尊敬する元県職員で、地域経済論を教える大学教授。経験も知識も申し分ありません。市長になれば充分に手腕を発揮していただけるでしょう。

 

大崎のぶじ氏は、劇団研修生の経験があり、仲代達矢さんに声をほめてもらったことがあるそうです。まさに「映画のまち『尾道』」を地で行く方です。4年前の市長選にチャレンジする予定だったそうですが、「まず市議をやってから」との周囲の声で断念し、1期市議を経験し、満を持しての市長選への立候補です。

 

現職の平谷ゆうこう氏。個性豊かな3名の候補者におされ気味な印象も。しかし在任中に日本遺産を3ヶ所登録し、サイクリングイベントを開催し、観光客増加に寄与するなど、地道に着実に実績をあげています。

 

前回の市長選では次点の吉井氏の得票33575票に対し、35425票と接戦を押し切った平谷氏。3期の実績を掲げて今回も善戦されるでしょう。

 

前回(2015年)の市長選の投票率は64.49%でした。

 

市民の方の市政に対する関心の深さを感じます。

 

前回の選挙は僅差で平谷氏が競り勝つ勝負でしたが、今回も接戦が予想されます。4名の主張を分析するのは大変ですが、この記事が一助になれば幸いです。

 

尾道市のこれからに期待しています。

 

 

 

 

尾道市長選挙2015の開票結果や投票率

前回(2015年)の尾道市選挙の開票結果や投票率は下記の通りです。

 

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
35425 平谷 祐宏 62 無所属 尾道市長
ひらたに ゆうこう
  33575 吉井 清介 56 無所属 よしみや代表
よしい きよすけ
  5800 後藤 昇 61 無所属 広島大学大学院客員教授
ごとう のぼる
  • 告示日:2015年4月19日
  • 投票日:2015年4月26日
  • 定数 / 候補者数:1 / 3
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:117,467人
  • 投票率:64.49%

【スポンサーリンク】