開票速報・開票結果・情勢速報ナビ

開票速報・開票結果・情勢速報ナビ

島根県知事選挙 開票結果速報2019|情勢予想と出口調査・立候補者の公約まとめ

【スポンサーリンク】

こちらでは2019年の統一地方選挙から4月7日執行の島根県知事選挙の開票速報及び開票結果をまとめています。 

開票結果はNHKなどの当確出口調査など発表され次第随時更新致します。

 

今回の島根県知事選挙の立候補者はいずれも無所属の新人で、新日本婦人の会島根県本部会長の山崎泰子氏(57)=共産推薦=、元総務省官僚の丸山達也氏(49)、歯科医師で元安来市長の島田二郎氏(65)、元総務省消防庁次長の大庭誠司氏(59)=自民推薦=の4名です。

 

島根県知事選挙2019に関わる日程(告示日や投票日)、期日前投票、立候補者の公約(マニフェスト)や経歴、情勢予想、当選者落選者の得票数・投票率などもまとめていきます参考になさってください。

 

 

島根県知事選挙2019|開票結果速報・NHK当確出口調査最新情報

島根県知事選挙2019の開票結果は開票速報が発表され次第以下の表を更新致します。

※NHKなどの最新の当確出口調査情報などが入り次第随時更新

 

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
    山崎 泰子 57 無所属(共産推薦) 新日本婦人の会島根県本部会長
    丸山 達也 49 無所属 無職、元総務省官僚
    島田 二郎 65 無所属 歯科医師、元安来市長
    大庭 誠司 59 無所属(自民推薦) 無職、元総務省消防庁次長

 

島根県知事選挙2019|立候補者の公約や政策主張  

以下に島根県知事選挙2019に立候補した候補者の経歴やプロフィール、公約についてご紹介致します。

 

大庭 誠司(おおば せいじ)の経歴やプロフィール

  • 現年齢:59歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元総務省消防庁次長
  • 学歴:島根県立松江南高、東京大学工学部卒業
  • 職歴:自治省(現総務省)勤務、さいたま市副市長、内閣官房内閣審議官、総務省消防庁次長

 

大学卒業後、自治省(現総務省)に入省後、34 年間にわたって地方行財政に携わり、様々な県や市町村の幹部として地方自治の最前線で勤務。

 

ふるさと島根への貢献の礎になるべく、立候補を決意。

 

主な公約・政策主張

大庭氏は、“3つの日本一”すなわち、

 

①子育て・教育環境日本一、

②住んで日本一・来てみて日本一、

③防災・減災・安心・安全日本一を目指し、知事を座長とする全庁横断的な組織をつくり、できることから施策を実行、島根を改革する提案にチャレンジしようとしています。

 

そして、次の政策目標を掲げ、島根の課題にスピード対応!!を約束しています。

 

・人口減少対策

・農林水産業・商工業を始めとする産業の振興

・企業立地・雇用の創出

・中山間地域・離島対策

・社会インフラの整備

・医療・福祉の充実

・女性活躍推進

・観光・インバウンドの推進 など

 

丸山 達也(まるやま たつや)の経歴やプロフィール

  • 現年齢:48歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:元
  • 学歴:東京大学法学部卒業
  • 職歴:自治省(現総務省)勤務

 

大学卒業後、自治省(現総務省)に入省。

埼玉県、長野県に出向した後、2013年から3年間島根県に出向して政策企画局長などを
務めました。

 

この度、島根県が抱える最大の課題として人口減少を挙げた上で「安心して子育てができる生活環境づくりや、産業の活力強化などに取り組みたい」と知事選挙への立候補を表明。

 

主な公約・政策主張

丸山氏は、主に3つの政策を掲げています。

 

◆子育てから老後まで安心できる生活環境づくり

・子育て支援…子育てへの不安を抱える保護者に寄りそう支援を強化します。子育てと仕事を両立できる環境づくりを、官民一体で進めます。

・教育…次世代の島根を担う子供達の生きる力を育むために、教育を充実します。ふるさと島根への誇りを培う「ふるさと教育」を推進します

・医療…一般的な入院までを担う県内7つの医療圏ごとに、医療の機能と人材を確保します。

・高齢者・障がい者への支援…高齢者に医療・介護・予防・生活支援を総合的に提供する体制(地域包括ケアシステム)を構築します。障がい者の自立と社会参加を支援します。

・女性活躍の推進…女性の社会進出への支援を充実します。

 

◆活力を高める産業づくり

・農林水産業の活力強化…水田活用型園芸の推進、林業の収益力向上対策、水産物のブランド化などにより、農林水産業の活力を高めます。

・商工業の活力強化…中小企業の計画的な事業継承の促進、県内企業の県外進出への支援などにより、商工業の活力を高めます。

・観光の活力強化…水田活用型園芸の推進、林業の収益力向上対策、水産物のブランド化などにより、農林水産業の活力を高めます。

 

◆安全・安心と活力の基盤となる県土づくり

・社会インフラと交通ネットワークの整備…山陰自動車道などの社会インフラ整備を進め、離島航路や航空路線、地域交通を維持・充実します。

・災害に強い県土づくり…治山・治水対策など、災害に強い県土づくりを進めます。

・都市の充実・向上…地域をリードする都市の機能を充実し、魅力を高めます。

・中山間地域・離島の振興…県土の大部分を占め、人口減少に直面している中山間地域

・離島への支援を充実します。市町村と連携して、身近な買物・医療・介護をまとめて利用できる地域の拠点づくりを進めます。

 

島田 二郎(しまだ じろう)の経歴やプロフィール

  • 現年齢:65歳
  • 性別:男
  • 党派:無所属
  • 肩書き:島根県歯科医師連盟理事長
  • 学歴:島根県立松江北高校卒業、神奈川歯科大学大学院修了
  • 職歴:埼玉医科大学口腔外科講師、島田歯科クリニック、安来市長(3期)

 

歯科大学大学院修了後(歯学博士号取得)、埼玉医科大学口腔外科講師を経て、1989年に地元安来市で島田歯科クリニックを開業。

 

1997年安来市長選挙に立候補して当選、2009年まで3期務める。

その後は、日本歯科医師連盟総務副委員長、島根県歯科医師連盟理事長を務める。

 

「島根県は、いや日本はこのままで良いのか ? 」という強い思いから、地方の自立に向けた改革を目指して「医療・介護・福祉分野の充実強化や観光産業への支援などを通し、地域経済と県民所得の底上げを図りたい」と、県知事選への立候補を決意。

 

主な公約・政策主張

島田氏は、次の3つの理由により「この私が政治をし続ける」としています。

 

①政治への不信感が、国・地域力を衰退させる!

②自分達の地域は、地元の人間が汗を流す事から始まる!

③次の世代への架け橋は、私自ら表舞台に立つ事で新しいリーダーが育つ

 

そして、次のような抱負を語っています。

 

激変する国内外の環境に適応するためには既成概念に囚われない抜本的な変革が必要と考えています。

 

そのためには東京一極集中ではなく多極分散、中央依存ではなく地方の自立に向けた改革が必要です。

 

正確な情報とデータのもとに将来ビジョンを描き 100 年の大計を持って一歩ずつ進み始めなければなりません。

 

私は 11 年間地方行政に携わり、市町村合併にも関わってきました。

 

また医療の現場に身を置き今日の社会保障制度が日本の国、地方の財政を圧迫し社会保障制度、いや日本の社会保障制度自体を崩しかねないと思っています。

 

この難局を克服するためには地方の自立を目指すことで、その道が開けていくと考えています。

 

山崎泰子(やまざき やすこ)の経歴やプロフィール

  • 現年齢:57歳
  • 性別:女
  • 党派:無所属
  • 肩書き:政治団体福代表
  • 学歴:島根大学教育学部卒業、
  • 職歴:小学校講師

 

山崎氏は松江市内での小学校講師などを経て、「みんなでつくる島根の会」副代表や「新日本婦人の会」島根県本部会長、さらに「松江市男女共同参画ネットワーク」代表、「 松江市男女共同参画審議会」委員などを務めています。

 

2017年4月の松江市長選に無所属(共産党推薦)で立候補(落選)しました。

 

この度、中国電力島根原子力発電所2号機の再稼働反対などを訴え、「女性目線で、
安心して豊かに暮らせる島根県を実現したい」という思いから、知事選挙への立候補を決意。

 

共産党県委員会が推薦する方向です。

 

主な公約・政策主張

事前に発表されている情報は特にありませんでした。

 

島根県知事選挙2019の情勢予想・当確予想

長らく竹下王国として、竹下登元首相や青木幹雄元自民党参院議員会長らの影響力が強い島根県で、保守分裂選挙となる見込みで、非常に予測が難しくなっています。

 

地元選出の国会議員が推す大庭氏と地元の県会議員多数が推す丸山氏の争いとみられていますが、今のところ、ほぼ互角の情勢といえるでしょう。

 

さらに、島田氏も加わり、混沌としています。

 

自民党本部は大場氏を推薦、公明党は自主投票、県議会の旧民主党・社民党系の会派は丸山氏支持を表明しています。

 

共産党推薦の山崎氏は、党勢拡大を狙う闘いになりそうです。 

 

島根県知事選挙2015の開票結果や投票率

前回(2015年)の島根県知事選挙の開票結果や投票率は下記の通りです。

 

結果 得票数 氏名 年齢 性別 党派 新旧 主な肩書き
268284 溝口 善兵衛 69 無所属(自民、公明推薦) 島根県知事
  65088 万代 弘美 65 共産 政党役員、元島根県議
  • 告示日:2015年3月26日
  • 投票日:2015年4月12日
  • 定数 / 候補者数:1 / 2
  • 執行理由:任期満了
  • 有権者数:570,288人
  • 投票率:59.56%

統一地方選挙4月7日投開票の首長選挙

【スポンサーリンク】